新着情報What’s new

2022年12月 東大阪園の様子

・食育~野菜に触れてみよう~
12月は様々な野菜に触れました。
南瓜の種を触ってヌルヌルとした感触を味わったり、クンクンと匂いを味わったり‥。
野菜スタンプでは、オクラの切り口を見て不思議そうにする0歳児の姿が。
きっと普段見ることのない光景に、胸をどぎまぎさせていたのでしょう。
とても可愛かったです。
野菜スタンプで「ぺった〜ん!」「ど〜ぉん!」と言いながら、保育者と二人で和気藹々と楽しむ光景には、そこにいる皆がほっこりとする、なんと表現すれば良いのでしょうか?
幸せのお裾分けをして貰った気分でした。
野菜を身近に感じること、保育者も子どもも笑顔になれたこと、全ての体験が良い思い出となりました。

 

・サンタクロース製作
ペットボトルを使ってサンタクロースを作りました。
「サンタさんの、て、ここにする〜!」「ベルト‥?ここでいいかな〜」「かわいくなってきたー!」と、まだ身体が透明なサンタクロースにも関わらず、嬉しそうに製作に取り組む子ども達。
保育者が「今から魔法のお水、入れるからね!」とペットボトルに水を入れ、子ども達に手渡しました。
「サンタさんにお洋服着せてあげようね」と声を掛け、一緒にペットボトルをふりふり。
すると‥!?
透明サンタクロースから、真っ赤なお洋服のサンタクロースへ大変身。
「うわ、すご〜い!◯◯くんのサンタ、あかいよ‼️」と大喜びでした。
手足の向きが様々で、前に習えのポーズをしているようなサンタクロースや、ジャンプをしているようなサンタクロースが完成しました。

 

・イベント給食
23日はクリスマスイブ前日です。
東大阪園ではイベント給食があり、調理員が愛情を込めて給食を作りました。
ポテトサラダで作った雪だるまは本当に可愛く、スプーンやフォークで食べることに躊躇う程でした。
当日は朝からチラチラと雪が降っていたこともあり、雪だるまのポテトサラダに大喜びでした。
雪だるまの帽子が人参であったことは、あまり気付いていないようで、子ども達は皆ペロリと完食していましたよ!